上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.12.01 技能教習3
久しぶりの教習所です。

3回目ってこともありなんとなくですが基本が分かってきました。

今日は教則元本に適正検査の結果がはさまれていました。

これはなかなかあたっているようで・・・・・・・

(((( ;゜Д゜)))ガクガクブルブル

ですね。けっこうやばかったです(゚A゚;)


とりあえずプロテクターやらゼッケンを装着してみんなと準備体操。

そのあとにみんなとウォーミングアップ。

まだすこしぎこちないかも。

後の方々すみません。


その後に、今日の課題である「発進と停止」(だったかな?)をしました。

教「は~い。今から発進と停止の練習するからついてきてね~。」

(´・ω・)「は~い。」

教「止まるときは一台分、間隔をあけてとまってね。」

教「じゃ、いくよ~」

ぶ~んぶ~ん

・・・・・・・・・・・・・・

教「いいかんじだね。」

教「次は、この直線で30キロまで加速してそこのパイロンのところで止まるってのをやります。」

教「は~い。ここで問題!ブレーキは全部で何種類ある?」

(´・ω・)「はい!3種類です!」

教「おぉ~正解。フロントブレーキ、リアブレーキあともうひとつは?」

(´・ω・)「はい!エンジンブレーキです!」

教「おぉ~やるね~。じゃエンジンブレーキの使いかたは?」

(´・ω・)「クラッチをず~と繋いでおくことですかね?」

教「そうやね。クラッチはにぎらないで止まる寸前で握ってもらったらいいよ。」

教「まずはフロントブレーキだけで止まって、その次にリアブレーキで止まってってやってそれぞれの効き具合を感じてもらいます。まぁ言ったら一番聞くのがフロントなんだけどね。だから実際にはリアを積極的に使うんだ。」

教「まずは、あそこのところで左合図だして停止して、連絡するから指示にしたがってね。」

(´・ω・)「は~い。」

ぶ~ん

左合図

停止。

教「は~い。聞こえるなら手をあげてくださいね~」

(´・ω・)∩

教「じゃ安全確認をして発進してください。」

ストーレートにきた。

教「は~いそこで30キロくらいだしてね~」

ぶーーーーーん

停車

教「おぉ~うまいやん。上出来上出来。じゃ次はさっきと同じようにリアブレーキだけで止まってみよう。」

(´・ω・)「は~い。」

ぶーん

停車

教「じゃ、安全確認して発進してください。」

ぶーん

ぶーーーーーーーーーーん

ブレーキ

(´・ω・)?????

(きかね~)

少しはみ出た。


教「は~い。わかったかな?次からは35キロだして3つのブレーキを使って止めてみましょう。」

(´・ω・)「は~い」

ぶーん

停車

ぶーん

停車

ブーン

停車

ぶーん

停車

教「銀杏さん上手じゃないですか~。じゃ次は違うことやるんであっちに逝って舞っててください。」

(´・ω・)「は~い」

ぶーん

待つ。

教「銀杏さん、この前やった一本橋とかのコース覚えてるかい?」

(´・ω・)「まぁ一応なんとなく覚えてます。」

教「じゃね、そのコースにさっきの直線での停車をまぜってやってみよう。」

(´・ω・)「は~い。」

ぶーん

1週。

教「銀杏さ~ん。直線や停車とかはいいけど、カーブのときにもっと減速してね~」

(´・ω・)「は~い」

2週

3週

4週

一本橋付近。

教「銀杏さーん。ここの線のとこでこれからは一時停止して一本橋をわたるようにしましょ~」

(´・ω・)「は~い。」

5週

6週

きーんこーんかーんこーん・・・・・・・・・・・・かーんこーん

教「は~い。お疲れさまで~す。」

(´・ω・)「おつかれさまで~す。」

教「銀杏さん。ブレーキ上手だね。けどカーブでまだまだ早いからもっと減速して走ってね。他はよかったよ。」

(´・ω・)「はい。気をつけます。」

教「じゃ教は終了。おつかれさまでした~」

(´・ω・)「おつかれさまでした~」

そして今日の教習は終わった。

相変わらず。一時間が凄く短く感じます。

今日は今までとはちがってちゃんとマシンに乗れたを思う。

停車中の足のくせもだんだん直ってきたし、停車するときにふらつかなくなった。

うん。上達した気がする。

明日は朝から2時間予約をいれたので明日もがんばるぞ~。


帰りにYBに乗ったらその前傾姿勢と軽さと細さにビビった(´・ω・)

腰いたくなるなこりゃ。
Secret

TrackBackURL
→http://ginnangyb.blog77.fc2.com/tb.php/78-8523395d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。