上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前々から興味のあった、エーモンの静音計画のボンネット裏に貼るタイプのものを試してみました。

説明書どおりにやるのはいかにも貼ってます感があり、いけてなかったため純正のインシュレータ?の下に貼ってみました。

DSC02264.jpg

ピン12個で留まってるので、これをはずす・・・・・
結構がっつり付いてるので、ピンを壊してしまわないように注意しても5個くらいだめになりました(;^ω^)

DSC02265.jpg

型あわせして、シートの余分な部分をカット。
見てわかるようにほんの少ししか余裕はありませんでした。
ピンをとめる穴もメークして、大きめに穴を開けておきます。

DSC02266.jpg

後はボンネットの裏を、脱脂してぺたぺた。
気づいたことなんですが、ボンネットとフレームの間は接着剤みたいなものでちょんちょんと貼り付けていたのでこれを、コーキングしたらもっと効果があったのかもしれません。
面倒だったのでやりませんでした。




1637951396_176.jpg

最期にインシュレータを元に戻して作業終了。


効果は・・・・・・
アイドリング時のエンジン音が静かになりました!!!
エンジンのゆれも少ない車なので、停車時はエンジンがかかってるのかと思うくらいに^^!

走行中に関しては3千回転でなんとなく音が低く聞こえるようになったような。
いまいちわかりません・・・・・。

音だけではなく、遮熱断熱効果があると思うので塗装にやさしくエンジンに厳しい?(冬は冷えにくくていいけど)


DSC02267.jpg


ついでに、オートバックスで買ったオーディオケーブル8スケを加工してアーシングをしました。
これはあまり効果わからない。
施工場所はオルタと純正アースポント,エンジンヘッドの3点です。
これで3m丁度くらいでした。
エアクリとつながってる鋳物ぽいものにやったら効果あったのかな。
まぁテスターで計ったら、施工前と施工後ではポイントポイントの抵抗値は下がりました。(当然?)
Secret

TrackBackURL
→http://ginnangyb.blog77.fc2.com/tb.php/369-303be912
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。